秋の夕暮

_00B6967.jpg
午後2時36分。秋の太陽はもう西の空低く。

今年の紅葉の色は富良野盆地も例外なく、くすんだ感じ。
でもそれは遠くから風景として森を見た感じであって、
いったん森の中へ入ってみれば落葉がカサコソと鳴り、
真っ赤なキタコブシの実が落ちていたりして、
なにもかも秋色でうつくしいのだ。

Stroll-3

_00A8441.jpg
10月12日に立ち寄った倶知安町の半月湖の写真を、
21枚のスライドにしてメインサイトにアップしました。
秋の森と湖です。

メインサイトのフォトライブラリーから
「Stroll-3」です。

雪虫

_00A7683.jpg
葉が落ち始めた森を雪虫が飛ぶ。
秋の空気にとけてしまいそうな、
ふっといなくなってしまいそうな感じがする虫。

機材に改良を加え、飛翔写真が昨年より撮りやすくなった。
とは言え100カット撮って撮れたと思うのは1?2枚。
でもがんばれば撮れることは確実だから、ハズレが多くても気持ちは弾む。
問題なのはどうアプローチすればよいかも分からない被写体たち。
考えても本を読んでも答えが見つからないときは、動いて試すしかない。

富良野盆地

_00A6678.jpg
富良野盆地の夜が明けていく。
白っぽい筋で浮かび上がっているのは川や水路。

盆地の開拓前はぬかるむ湿地だった。
「不毛な」土地を農地に変えるため、湿地の水は水路によって排水され、
作物ができるように多量の土が運び込まれた。

***

NPO法人北海道を発信する写真家ネットワークによる写真展「撮り下ろし展『?いのちの記憶?HOKKAIDO』」が、富士フイルムフォトサロン札幌(大通り西6丁目フジフイルムビル1F)で開催されています。13日まで。詳しくはこちらへ
11日10:00?14:00は受付当番で会場におります。夕方くらいまでいると思いますのでお立ち寄りください。

チョウセンゴミシ

_00A6652.jpg
ヒグマの足跡がよくついていたケモノ道にいってみたが、
エゾシカの跡ばかりで熊の痕跡は見つからず。
歩いていないのか。私が気付けないだけのなのか‥。

写真はその付近の林道にたわわになっていた
チョウセンゴミシの実。低い秋の陽がきらきらしていた。

撮り下ろし展「?いのちの記憶?HOKKAIDO」

101001.jpg
NPO法人北海道を発信する写真家ネットワークによる写真展「撮り下ろし展『?いのちの記憶?HOKKAIDO』」が、富士フイルムフォトサロン札幌(大通り西6丁目フジフイルムビル1F)で開催されています。詳しくはこちらへ

昨日、10名の出演者の一人として15分間のフォトトークをさせていただきました。お客様に向かって話しているのではありますが、これからやろうとしていることを自分に言い聞かせていたような気もします。

一日会場におりましたが、久しぶりに再会できた写真業界の先輩Nさんに昼飯をごちそうになり、会場前ですてきな写真まで撮ってもらいました。

写真展は10月13日(水)まで。NPO会員の撮りおろしの力作が並んでいます。

プロフィール

石黒誠の写真と活動を紹介するブログです。

Makoto Ishiguro

Author:Makoto Ishiguro

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: