ヒグマと共有する

130923.jpg

林道に新しいヒグマのフンが落ちていました。
クマのフンや足跡を見るとまずは少し怖いです。と同時に、クマがいたのと同じ空間に自分が今立っていることの不思議さを感じます。ただ時間がずれているだけで、確かにここにクマがいたのだ、と。

別な言い方をすれば、おなじ時間を共有しながら私は今ここにいて、クマは森のどこか別のところにいる、ということになります。

この秋、札幌市の南部でヒグマが市街地によく出ているそうです。警察が出回り、小学生の登校時に先生方が通学路で見守っているとか。クマとどうしても時間と空間を共有できないときは、人の暮らしを守るためにクマを殺すか追い払うしかない。人がクマを怖がるのはもちろんですし、事故もあってはならないですが、クマたちと空間や時間を共有していることを、想像できるような報道がもっとあってもよいのでは、とも思います。

オオカマキリ

130910.jpg

道南で見たオオカマキリです。
いる、という話は聞いており、採集された虫も見てはいましたが、自分の目で野外にいる個体を見たのは初めてでした。どんな動きをするのか。どこをどうつかんだらよいのか。かなりどきどきしました。
はじめて会う虫にたじろぐ子どもたちを見て教育者じみた余裕の笑顔で見守る私ですが、オオカマキリに対しては子どもたちよりへっぴり腰でした。

プロフィール

石黒誠の写真と活動を紹介するブログです。

Makoto Ishiguro

Author:Makoto Ishiguro

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: