幻のまつぼっくり

_MIB5284.jpg
北海道の森で天を突くように伸びるトドマツ。

トドマツのまつぼっくり(松毬・球果)は芯だけ残して、タネも「種鱗(しゅりん)」と呼ばれるウロコみたいな部分も、砕け落ちて散らばってしまう。写真は半分ほど砕け落ちたところ。

なので、天然の森で拾うまつぼっくりは、ほぼ間違いなくエゾマツやアカエゾマツ。公園や並木などの人が植えたところだと、ヨーロッパトウヒやヨーロッパアカマツのまつぼっくりも落ちている。

トドマツの砕けていないまつぼっくりが落ちているのは、台風で枝ごと折れて落下したものしか僕は見たことがない。地面を探しても拾えない、幻のまつぼっくりである。

プロフィール

石黒誠の写真と活動を紹介するブログです。

Makoto Ishiguro

Author:Makoto Ishiguro

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: