タンチョウ

00A_2532.jpg
富良野市山部の田んぼに降り立ち、タニシをついばむタンチョウ。
道東で個体数が増加し、道北地域にも分布を拡げているが、
ついに富良野にもやってきた。

周囲を見渡しても目に入るのはこの1羽だけ。
若い個体がふらりと寄ったのだろうか。

富良野も開拓前は広大な湿地が広がっていた。
そのころにはタンチョウも生息していたという。
それは道内のほかの地域にも同じことがいえる。
いま湿地は、田んぼや畑に姿を変えてしまった。
黙々と餌を食うタンチョウも、当時の風景など知らない。
新しい世代のタンチョウは、新しい環境のなかでどんなふうに生きていくのだろう。

プロフィール

石黒誠の写真と活動を紹介するブログです。

Makoto Ishiguro

Author:Makoto Ishiguro

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: