タネはいくつ?

_00B1253a.jpg

森を歩くとオオウバユリのタネがあちらこちらで実っているのを見る。
手でかるく茎をゆするだけでパラパラとタネが散るのでおもしろいのだが、
いったいいくつのタネがひとつの株に実っているのだろう。

まだ青い房(房というのだろうか)をなんとなくひとつナイフで切り取って持ち帰り、
窓際に置いておくと乾燥してぱっくりと開いた。
房を逆さにして軽く振るだけでタネがさらさらと敷いた紙の上に散った。
息子と一緒に数えた。ひとつ、ふたつ。5才の息子は10個も数えないうちに飽きてその場を脱出。
意外と早く5分ほどで数え終わった。450個あった。
株に房は8個くらいはたしか実っていたから一株3600個のタネになる。

そのうち一つでもまた花を咲かせる株に成長できるのだろうか。
オオウバユリへのなんともいえない愛おしさが、タネを数えた指先から感じられた。
本で調べていたらこんな感覚を味わうことはなかったと思う。

プロフィール

石黒誠の写真と活動を紹介するブログです。

Makoto Ishiguro

Author:Makoto Ishiguro

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: