気になる空き地

DSCN0655b.jpg

息子を保育所に送り迎えするたびに気になる場所がある。
住宅地と木材工場の土場(どば)の境目。使われていない物置といつも伸び放題の草むら。
この田舎では、探せばたぶん似た景観はいくらでもあるのだろうけど、
小さな範囲にいつも季節が凝縮されているようで何度も足を止める。

春のフキノトウ、初夏のルピナス。森のように茂った夏の草むら。
秋の夕陽と群れ飛ぶ雪虫、厳冬の雪とダイヤモンドダスト。
見ようと思えばこの土地ではありふれたものばかりだけれど、保育所に自転車もしくは歩いて行きさえすれば、
紙芝居のようにきっちりと季節ごとの景色がそこに広がる。
こんなことをおもしろがっているのは自分だけかも知れないとも思いつつ、
こんなことに気づいて普遍化させるのも仕事なのかも知れないな、とも思う。

プロフィール

石黒誠の写真と活動を紹介するブログです。

Makoto Ishiguro

Author:Makoto Ishiguro

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: