デジタルカメラの解像度

130304.jpg

以前、雑誌編集者から「見開きで使用するには解像度がちょっと足りませんねぇ」と言われたことがあります。
たしかに印刷物の解像度の基準となる300~350dpiで計算すると、いま使っているニコンのD700というカメラは約1200万画素のため、見開いてA3サイズになるような紙面にはデータ量が不足します。

でも画像処理ソフトの画像を拡大する演算技術も向上したし、写真展ではD700のデータからA3よりも大きなプリントを作りますから、まあ問題ないだろうというくらいに思っていました。
で、数日前、今度はまったく別な会社の編集の方から同じことを言われてしまいました。
どうも放っておいてはまずい事態になってきました。

A3の用紙の大きさは420×297mm。
350dpiという解像度でA3で印刷できるデータのピクセル数は5787×4093pixel(ややこしい)。
つまり 5787×4093=23686191 というわけで、約2368万画素以上のデジタルカメラが必要になります。
ニコン製でD700の代わりになる機種を選ぶとなるとD600とD800しかない。
いつかD700を更新するとしたらどちらかになるので機種選びはシンプルですが、財布の中が…。

写真は水辺でくつろぐカワアイサたち。

プロフィール

石黒誠の写真と活動を紹介するブログです。

Makoto Ishiguro

Author:Makoto Ishiguro

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: