ハゴロモ

130820.jpg

道南で環境調査中に妙な虫を見つけました。
ネットでざっくりと調べてみるとカメムシ目ハゴロモ科のベッコウハゴロモが近いように思われましたが、ちゃんと同定はできておりません。

ヤマブドウの蔓や葉柄についていました。
お尻から「毛」を束にして出しているのが幼虫、右下の蛾みたいのが成虫です。

おもしろかったのは幼虫の動きです。
アリが幼虫に接近すると、お尻を器用に動かしてアリの方へ毛の束を向けるか、かぶるみたいにして体を覆います。まるで毛の傘を振り回しているみたいに。アリはそれ以上この幼虫に近づけません。
さらにこの毛はとれてしまいやすいようで、私がいたずらをして小さな枝で尻のあたりをつついただけで、数本がポロポロっと落ちてしまいました。

富良野にもいるのかいないのか。生態は。
気になる虫がひとつ増えました。

プロフィール

石黒誠の写真と活動を紹介するブログです。

Makoto Ishiguro

Author:Makoto Ishiguro

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: