情報量と物語

141121.jpg

立ったまま枯れているトドマツに、灰色で厚い樹皮が残っていることがあります。樹皮は指先で軽く引っ張るとたやすくはがれ落ち、その下でいろんな虫が越冬します。写真はオツネントンボ。
そのような生態を知識として本で知っていても、実際にトンボやチョウが低温に耐えながら静止しているのを見ると、いまだに「ほう!そうか。」と納得して、ちょっとワクワクします。

今月は地元、布部小学校の「放課後教室」で校庭の樹木や雪虫の話をしました。準備はしていったのですが、伝える情報をいまひとつ整理できておらず、子ども向けとしては情報過多で時間不足になったと感じました。やりがちなミスでした。
情報を厳選し、心にすとんと落ちる、もしくは心にひっかかる物語として伝えること。たとえばこの越冬しているオツネントンボだけをじっくり観察してもおもしろいかもしれないな、と思いました。

プロフィール

石黒誠の写真と活動を紹介するブログです。

Makoto Ishiguro

Author:Makoto Ishiguro

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: