電子工作の新年

170107.jpg

今年もよろしくお願いいたします。

「冬休みの自由研究に電子工作やりたいんだけど」
という子どもと共に、私にとっても未知の分野であった電子工作を勉強しました。抵抗、ダイオード、コンデンサ、トランジスタ、基板、はんだ付けなどなど。電流・電圧のコントロールや電気信号のやり取りだけで、こんなに光ったりモーターが回ったりするんだ!という楽しさ盛りだくさんです。ひとつひとつの部品も数十円からと安いです。

写真は完成間近のライントレーサー。地面に書かれた黒い線をたどって自動走行します。
野生動物を撮るカメラの、自動撮影のしくみもすこーし分かってきました。

冷えた朝

161228.jpg

朝8時。気温マイナス18℃。
川霧の向こうから、ようやく朝日がのぼってきた。

カメラを手持ちで撮影しているとすぐに指先が冷たくて痛くなる。
もう日の出前から3時間は外にいてカメラは冷え切っており、金属の冷たさがスキー手袋を通して指先をいじめてくる。それでもバッテリーの減りが早いだけで、ちゃんとシャッターは切れるし、問題なく写る機械のすごさに感心。

冬山踏査

161222.jpg

雪があって時間もとれる冬のうちに、できるだけやっておきたいのが冬山を踏査してリサーチすること。持ち物は2万5千分の1地形図、小型のGPS、メモ帳、カメラ、弁当など。スキーをはいて気になるところを歩き、動物のこん跡や、樹木の種類や太さ、湧き水、景観、違う季節に再訪するべきか、などをGPSとメモ帳で記録していきます。

この日は湧き水と古いため池、上空を通過するオジロワシやクマタカ、せまい範囲にクマの爪痕がごっそり残るトドマツ林、シカのねぐら、クマゲラの食痕などを見つけました。地形図とGoogle Earthで下調べして出かけ、実際に歩いて宝物を見つけ出すような感じです。

NHK ダーウィンが来た「大変身! 北海道 雪になった虫」

161211_DSC9157.jpg

2017年1月22日(日)夜7:30~
ダーウィンが来た!「大変身! 北海道 雪になった虫」

富良野、岩見沢を舞台に取材・撮影がすすめられた雪虫の放送日が決定しました。
2015年から今年の秋まで、NHKエンタープライズの撮影チームがしっかりと一年間、さまざまな映像を丁寧に撮ってくれました。
雪虫の舞う日に秋の野原へ出かけてくれた地元の子どもたちも出ます。なかにはアップで出る子も。

北海道大学の秋元信一先生には多大なるご協力をいただきました。
私は撮影チームを富良野のフィールドへ案内し、再びじっくりと雪虫を観察する時間をいただきました。撮影チームの仕事ぶりは真摯だけれどウィットに富み、粘り強く、暖かいもので、家族もろともすっかり仲良くさせていただきました。

映像で迫る「雪虫」。ご期待ください!

ボルダリング壁を手作り

161128.jpg

ボルダリングに夢中の息子は貯めていた小遣いでホールド(登るときつかむところ)をいくつか購入。けっして安くない投資をした熱意に押されて、そのホールドを取り付けるための練習用ウォールを自宅に一緒に作りました。

屋根裏に侵入して構造材の位置をたしかめた後、ホーマックで買った2×4材を壁面にしっかり固定して基礎とし、穴あけしたコンパネをネジでしっかり止めます。少しオーバーハングの傾斜にしてみました。そこへホールドを、登るルートを考えながらボルトでとめて完成です。

買ったホールドだけじゃ足りないと、私の祖父のところから使わなくなった木材と電動工具をもらってきて、学校が休みの日に手作りで4個追加し、ようやくそれらしい形になってきました。

プロフィール

石黒誠の写真と活動を紹介するブログです。

Makoto Ishiguro

Author:Makoto Ishiguro

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ブログの感想・お問い合わせはこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: